コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

粟田口吉光 あわたぐちよしみつ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

粟田口吉光
あわたぐちよしみつ

鎌倉時代,京都粟田口派刀工。通称藤四郎国吉の子といわれる。相模の正宗 (岡崎正宗) ,越中の義弘 (→郷義弘 ) と並び称される名工。その作刀の大半は1尺以下の短刀である。室町時代以降の武将に愛好された。 (→山城物 )  

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

あわたぐち‐よしみつ〔あはたぐち‐〕【粟田口吉光】

鎌倉後期の刀工。名は藤四郎。岡崎正宗郷義弘とともに「三作」といわれる。「平野藤四郎」「一期一振」などの名物の作者で、特に短刀にすぐれた。生没年未詳。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

粟田口吉光 あわたぐち-よしみつ

吉光(よしみつ)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

粟田口吉光

生年:生没年不詳
鎌倉中期の刀工。京都粟田口に住した。名は藤四郎。有国の子である国吉の弟子と伝える。享保6(1721)年,本阿弥光忠によって編録された『享保名物帖』には,吉光を正宗,郷義弘と共に三作とし,名物168口のうち16口,焼身を加えると34口を掲げている。これらの作品はいずれも短刀であり,特に短刀の名手として高く評価され,太刀は豊臣秀吉所持の一期一振と呼ばれるものが1口あるにすぎない。作風は小板目鍛えで,刃文はほとんどが直刃であり,腰に互の目を連ねるところに特徴がある。

(原田一敏)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

粟田口吉光の関連キーワード薬研通吉光長船長光刀鍛冶生年貞宗

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android