藍微塵(読み)あいみじん

大辞林 第三版の解説

あいみじん【藍微塵】

たていとと緯よこいととがそれぞれ二本ずつの藍染糸に濃淡の藍を用いた格子縞こうしじま模様。また、その布。 「をとこ-のおめしちりめん/安愚楽鍋 魯文
ワスレナグサの俗称。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android