コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三好達治 みよし たつじ

美術人名辞典の解説

三好達治

詩人。大阪生。東大卒。梶井基次郎らの同人誌『青空』に参加し詩を発表する。評論・翻訳等も盛んに発表し、日本語の伝統を近代に生かした独自の詩風で、昭和期における古典派の代表詩人と称せられた。詩集測量船』『春の岬』、評論集『萩原朔太郎』等の著がある。芸術院会員。昭和39年(1964)歿、63才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

百科事典マイペディアの解説

三好達治【みよしたつじ】

詩人。大阪市生れ。陸軍士官学校中退後,三高を経て東大仏文卒。三高在学中から詩作を始め,1930年第一詩集《測量船》で詩人としての地位を確立,堀辰雄丸山薫と詩誌《四季》を刊行した。
→関連項目四季(文学)シュルレアリスム萩原葉子

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三好達治 みよし-たつじ

1900-1964 昭和時代の詩人。
明治33年8月23日生まれ。「詩と詩論」などに参加,昭和5年第1詩集「測量船」で詩人としての地位を確立した。9年堀辰雄らと第2次「四季」を創刊。28年「駱駝(らくだ)の瘤(こぶ)にまたがって」により芸術院賞。評論「萩原朔太郎」,随筆「草上記」のほか,訳業もおおい。芸術院会員。昭和39年4月5日死去。63歳。大阪出身。東京帝大卒。
【格言など】春の岬旅のをはりの鴎(かもめ)どり浮きつつ遠くなりにけるかも(「測量船」)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

みよしたつじ【三好達治】

1900‐64(明治33‐昭和39)
詩人。大阪市生れ。はじめ軍人を志し陸軍士官学校に進むが中退,三高を経て東大仏文科卒。中学時代《ホトトギス》を購読,句作にふけったというが,三高で同級丸山薫の刺激により詩作を始める。桑原武夫,梶井基次郎,河盛好蔵,吉川幸次郎らを三高時代に知り,東大では小林秀雄中島健蔵今日出海(ひでみ),淀野隆三,堀辰雄らと交友。梶井らの《青空》,安西冬衛,北川冬彦らの《亜》,百田宗治の《椎の木》などに参加した後,1928年には《詩と詩論》創刊同人となったがやがて離脱,北川らの《詩・現実》に参加した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

みよしたつじ【三好達治】

1900~1964) 詩人。大阪市生まれ。東大卒。「詩と詩論」「四季」同人。象徴的かつ清新な抒情と格調の高さをもつ「測量船」で詩壇に登場。「駱駝の瘤にまたがって」では典雅のうちにも諧謔味を深めた。他に評論「萩原朔太郎」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三好達治
みよしたつじ

[生]1900.8.23. 大阪
[没]1964.4.5. 東京
詩人。陸軍士官学校中退 (1921) 後,第三高等学校を経て 1928年東京大学仏文科卒業。『青空』『椎の木』『亜』などに詩作を発表して注目され,30年第1詩集『測量船』で「画期的な昭和新詩」の評価を得た。 F.ジャムの4行詩の発想に学び『南窗 (なんそう) 集』 (32) ,『 閒花集』 (34) ,『山果集』 (35) などを刊行,また堀辰雄らの『四季』に参加し,いわゆる『四季』派の主流を形成した。やがて詩集『艸千里』 (39) ,『一点鐘』 (41) などで古典へと沈潜独居漂泊の生活を続けながら『駱駝の瘤にまたがって』 (52) に高い抒情を示した。敬愛する師を論じた『萩原朔太郎』 (63) も声価が高い。 53年日本芸術院賞受賞。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

三好達治
みよしたつじ
(1900―1964)

昭和期の詩人、翻訳家。大阪生まれ。陸軍士官学校放校後、旧制第三高等学校に入学。梶井基次郎(かじいもとじろう)、丸山薫(まるやまかおる)らと交友した。東京帝国大学仏文科に入学後、同人誌「亜」、「青空」、また1928年(昭和3)創刊の「詩と詩論」などに短詩や散文詩を発表。ヨーロッパから入ってきたモダニズムの表現方法を用いて、日本の伝統詩歌や漢詩が表現した抒情(じょじょう)世界を知的につくりかえることで、物真似(ものまね)ではない真の前衛詩の書き手であろうとした。1930年に第一詩集『測量船』を刊行。1932年の喀血(かっけつ)入院を契機に、フランシス・ジャムや漢詩の詩法を導入し、美しい死的幻想世界から生命感あふれる田園世界と転じた四行詩集『南窗集(なんそうしゅう)』を刊行。1934年、堀辰雄(ほりたつお)らと、主知的抒情詩の拠点となった第二次『四季』を創刊し、戦前の詩壇を牽引(けんいん)した。第二次世界大戦後、沈潜するニヒリズムを諧謔(かいぎゃく)と風刺で表現した詩集『駱駝(らくだ)の瘤(こぶ)にまたがつて』や評論集『萩原朔太郎』などを刊行。また、ボードレール、ファーブルの翻訳でも知られている。[藤本寿彦]
『藤本寿彦著『周縁としてのモダニズム 日本現代詩の底流』(2009・双文社出版)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の三好達治の言及

【四季】より

…第1次は堀辰雄編集,四季社刊,1933年5~7月,全2冊の季刊誌。第2次は堀辰雄,三好達治,丸山薫の共同編集で出発,四季社刊,34年10月~44年6月,全81冊の月刊誌。とくに注目されるのは第2次《四季》で,共同編集者のほか,津村信夫と立原道造が参加して昭和10年代抒情詩の一方向を定めた。…

【測量船】より

三好達治の第1詩集。1930年刊。…

※「三好達治」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

三好達治の関連キーワード鈴木信太郎(フランス文学者)測量船(三好達治の詩集)長谷川 巳之吉坂口 三千代石原 八束谷川俊太郎河野 与一三好 達治池井昌樹田中清光清水哲男生島遼一高橋順子山崎栄治伊藤桂一石原八束立原道造杉山平一室生犀星粕谷栄市

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

三好達治の関連情報