コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藍花 アイバナ

大辞林 第三版の解説

あいばな【藍花】

藍瓶あいがめの中で藍が十分に発酵したとき、液の表面に浮かぶ藍色の泡。また、それを取り出して乾燥したもの。液は飴色となる。
ツユクサの異名。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

藍花の関連キーワード松沢以中坊ベニバナ真岡木綿はな色青花紙藍色飴色藍汁異名青花臙脂露草

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

藍花の関連情報