コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

露草 ツユクサ

デジタル大辞泉の解説

つゆ‐くさ【露草】

ツユクサ科の一年草。道端に生え、高さ15~50センチ。葉は長卵形で、基部は鞘(さや)となって茎を囲む。夏、二つ折りの苞(ほう)に包まれた青いをつける。花びらは3枚あるが、1枚は小さい。古くは花の汁を摺(す)り染めに使用。ぼうしばな。かまつか。あおばな。あいばな。つきくさ。うつしぐさ。 秋》「―の露ひびきあふ岬の家/白葉女」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

つゆくさ【露草】

ツユクサ科の一年草。畑や道端などに自生。高さ20センチメートル 内外。葉は互生し、広披針形で葉鞘がある。7~9月、二つ折れになった苞ほうの間から青色の花が次々と咲く。花は一日花で、三個の花弁のうち二個が大きい。古名ツキクサ。青花。藍花。移し草。鎌柄かまつか。帽子花。蛍草ほたるぐさ[季] 秋。 《 -のをがめる如き蕾かな /松本たかし 》 → 大帽子花
露の置いた草。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

露草の関連キーワード「陣中膏ガマの油売り」の口上ハカタカラクサ(博多唐草)今泉 今右衛門(13代目)今泉今右衛門(13代)ツユクサ(露草)花・華・纏頭山彦 八重子花染め・花染鹿島 一谷松本たかし美しの水谷川士清泉 鏡花大帽子花都岐久佐鹿島一谷加万豆加花摺り鶏冠草露草色

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

露草の関連情報