コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藍閃石片岩相 らんせんせきへんがんそうglaucophane schist facies

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

藍閃石片岩相
らんせんせきへんがんそう
glaucophane schist facies

広域変成岩地域に発達する低温高圧変成相。藍閃石ローソン石,翡翠輝石,アラゴナイト,クロリナイト,緑泥石などが特徴的鉱物。 P.エスコラが 1929年に提唱した変成相の一つ。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

藍閃石片岩相の関連キーワードプレーナイトパンペリアイト相ローソン石曹長石緑泥石相スティルプノメレン埋没変成作用青色片岩相藍閃石相青色片岩変成作用榴輝岩相陽起石緑簾石

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android