コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

変成相 へんせいそうmetamorphic facies

岩石学辞典の解説

変成相

エスコラは1920年に変成帯の不備を補うため鉱物相(mineral facies)を考えた.これは温度,圧力条件で与えられた鉱物組合せで,ほぼ平衡状態で形成されたものについての取り扱いである.残晶を除いた鉱物組合せを考えた.エスコラは鉱物学的律から,同一温度,圧力の条件下で変成した岩石をまとめて一つのグループとし,これを変成相と名づけた[Eskola : 1915].エスコラの鉱物相の考え方の特徴は,変成岩の形成条件の違いを一種類の鉱物ではなくて,鉱物の組合せとして理解していることである.鉱物組合せという考え方はゴールドシュミットによって鉱物学的相律として述べられているが,この理論を実際のすべての岩石群に適用したことに重要な意味がある[鈴木 : 1994].
エスコラの変成相の考えは火成岩にも適用されるので,火成岩の場合を火成相とし,変成相と火成相を合わせて鉱物相(mineral facies)とよんだ[Eskola : 1920].その後変成相は発展したが,火成相は現在は用いられていない.
変成相はあらゆる化学組成であらゆる起源の岩石で,特定の物理的条件の組合せの条件で変成作用が行われ化学平衡に到達したものを含んでいる.ある変成相では,岩石の鉱物組成は変成作用が終わった時の全化学組成で純粋に決定される.この原理は,岩石の再構築が,温度上昇か温度下降,反応の機構,交代作用の存在,に応じて行われたかどうかに関係なく成立する[Eskola : 1920, 1922, Turner & Verhoogen : 1957].特定の相は特定の鉱物組合せが,温度および圧力の狭い範囲内でのみ安定であると定義されている.このように定義された相はcritical rock type またはcritical mineral assemblageと呼ぶ.同じ相に属する岩石をアイソグレード(isograde)またはアイソフェイシャル(isofacial)と呼ぶ[Tilley : 1924].

出典|朝倉書店岩石学辞典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

変成相【へんせいそう】

変成岩にどのような鉱物組合せが生まれるかは総化学組成と変成の際の物理的条件(温度・圧力)の双方で決定される。どのような変成岩のグループが生まれるかによって後者(温度・圧力条件の一定範囲)を区分して命名したものを変成相という。
→関連項目結晶片岩

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

へんせいそう【変成相 metamorphic facies】

岩石の変成はさまざまな温度と圧力のもとで起こる。変成作用をうけた岩石が変成岩になる場合,同じような化学組成をもつ岩石は同じような温度と圧力条件のもとでは同じ鉱物組成をもつ。互いに違った化学組成であっても,同じような温度と圧力条件で再結晶した場合には,一定の関係をもついくつかのちがった鉱物組成が生ずる。このような温度と圧力のあるきまった範囲を変成相と呼ぶ。一方,違った温度と圧力の条件下で変成作用をうけると,同じ化学組成の岩石でも異なる鉱物組成の変成岩になる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の変成相の言及

【変成作用】より

…そこで変成岩を温度や圧力の目盛で分類することも可能である。変成相という考え方はこのようにして決められたもので,同じような温度と圧力で変成作用をうけてできた変成岩は同一の変成相に属するという。【鳥海 光弘】。…

※「変成相」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

変成相の関連キーワードプレーナイトバンペリアイトメタグレイワッケ相カリ長石菫青石ホルンフェルス相曹長石緑簾石ホルンフェルス相翡翠輝石藍閃石型変成相系列藍晶石珪線石型変成相系列空晶石珪線石型変成相系列アルマンダイン角閃岩相角閃石ホルンフェルス相高圧中間型変成相系列低圧中間型変成相系列輝石ホルンフェルス相ローソン石曹長石相バロウ型変成相系列阿武隈型変成相系列角セン岩(角閃岩)ホルンフェルス相中間型変成相系列サニディナイト相ヘルシンカイト相緑簾石角閃岩相

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android