コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤井幹高 ふじい みきたか

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤井幹高 ふじい-みきたか

?-? 平安時代中期の豪族。
東大寺領大和(奈良県)添上郡(そうのかみぐん)春日(かすが)荘の住人で,菟足神社の神主を自称。寛弘(かんこう)9年(1012)東大寺僧雅慶,規鎮とはかって社田押領(おうりょう)し,春日荘荘田・興福寺領田をあわせて今木荘を成立させた。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android