コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤井良節 ふじい りょうせつ

3件 の用語解説(藤井良節の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤井良節 ふじい-りょうせつ

1817-1876 幕末の武士。
文化14年生まれ。薩摩(さつま)鹿児島藩士。お由羅騒動で福岡藩にのがれる。文久2年ゆるされ,京都で弟の井上石見(いわみ)とともに岩倉具視(ともみ)ら討幕派の公家(くげ)と藩との連絡にあたった。維新後は帰郷して神職となる。明治9年2月2日死去。60歳。本名は井上経徳。通称は別に良蔵,出雲。

藤井良節 ふじい-よしとき

ふじい-りょうせつ

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

藤井良節

没年:明治9.2.2(1876)
生年:文化14(1817)
幕末の薩摩(鹿児島)藩士。文久2(1862)年以来京にあり,自藩の利益を代表して長州(萩),土佐(高知)の尊攘派と対抗。慶応2(1866)年以来,弟の井上石見と共に岩倉具視の側近として行動。維新後は鹿児島に帰った。

(井上勲)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

藤井良節の関連キーワード荒尾清心斎魚住源次兵衛梅沢孫太郎景山竜造兼重譲蔵川又佐一郎木村熊之進清水介左衛門三間半二山崎清良

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone