コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

井上石見(読み)いのうえ いわみ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

井上石見 いのうえ-いわみ

1831-1868 幕末の武士。
天保(てんぽう)2年生まれ。藤井良節の弟。薩摩(さつま)鹿児島藩士。鹿児島諏訪神社の神職の子。万延元年上京。兄とともに岩倉具視(ともみ)ら討幕派の公家と藩との連絡をはかる。慶応4年新政府から参与,箱館府判事を命じられ,樺太(からふと)(サハリン)沿岸視察中,同年8月遭難死。38歳。名は長秋

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

井上石見

没年:明治1.8(1868)
生年天保2(1831)
幕末の薩摩(鹿児島)藩士。鹿児島諏訪神社の神職の子に生まれる。慶応2(1866)年以来,兄藤井良節と共に岩倉具視の側近として行動。明治1(1868)年参与,箱館府判事。沿岸視察中,海難事故に遭い死亡。死体は見つかっていない。

(井上勲)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android