コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤原信長 ふじわらの のぶなが

2件 の用語解説(藤原信長の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤原信長 ふじわらの-のぶなが

1022-1094 平安時代中期-後期の公卿(くぎょう)。
治安(じあん)2年生まれ。藤原教通(のりみち)の3男。母は藤原公任(きんとう)の娘。長久2年従三位。内大臣をへて承暦(じょうりゃく)4年(1080)太政大臣となるが,席次は従弟藤原師実(もろざね)の下位におかれた。寛治(かんじ)2年従一位。九条殿,城興寺殿とよばれる。寛治8年9月3日死去。73歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

藤原信長

没年:嘉保1.9.5(1094.10.16)
生年:治安2(1022)
平安後期の公卿。九条太政大臣と称される。関白教通と藤原公任の娘の子。22歳で参議となり,大納言,内大臣を歴任したあと,承暦4(1080)年従一位太政大臣となった。父から関白職を継ごうと画策したが,教通は兄頼通から将来は子の師実に譲ることを条件に関白職を譲渡されており,この約束を守って師実に関白職を譲ったため,希望は叶えられなかった。平安京左京の九条に邸宅を構え,邸内に一堂(九条堂)を建立し丈六の仏像を安置した。これはのちに城興寺と呼ばれ,信長の死後,白河法皇に寄進され平安末期に天台座主明雲から以仁王に伝領された。

(朧谷寿)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

藤原信長の関連キーワード太政大臣藤原良経花山院忠雅鷹司兼輔洞院公守藤原兼房(2)藤原実行藤原為光源雅実源基具