コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤原元典 ふじわら もとのり

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤原元典 ふじわら-もとのり

1915-1994 昭和時代の医学者。
大正4年12月8日生まれ。昭和34年京大教授となる。54年京都府衛生公害研究所長。ニンニクからビタミンB1誘導体を抽出し,アリチアミンと命名。それを武田薬品工業が「アリナミン」として製品化,その開発謝礼金で35年藤原記念財団を設立した。34年学士院賞。日本衛生学会会長。平成6年3月3日死去。78歳。長崎県出身。京都帝大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

藤原元典の関連キーワード昭和時代

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android