コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤原康長 ふじわらの やすなが

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤原康長 ふじわらの-やすなが

?-? 南北朝時代の公家。
藤原親康(ちかやす)の4男。南朝につかえ,左兵衛督(かみ)となる。観応(かんのう)3=正平(しょうへい)7年(1352)男山(石清水八幡宮)で足利義詮(よしあきら)軍をむかえうち,陥落のときは後村上天皇をまもって奮戦。のち四条隆俊にしたがい,以後の消息は不明。号は法性寺

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

藤原康長の関連キーワード南北朝時代

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android