藤原琴節郎女(読み)ふじわらの ことふしのいらつめ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤原琴節郎女 ふじわらの-ことふしのいらつめ

古事記」にみえる応神(おうじん)天皇の孫。
若野毛二俣(わかぬけふたまた)王(稚野毛二派皇子)とその母方の叔母百師木伊呂弁(ももしきのいろべ)とのあいだに生まれた娘。「日本書紀」にはみえず,允恭(いんぎょう)天皇の皇后の妹衣通郎姫(そとおりのいらつめ)と同一人とされる。ただし「古事記」の衣通郎女(允恭天皇の皇女軽大郎女(かるのおおいらつめ))とは別人であろう。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android