コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤原縄麻呂 ふじわらの ただまろ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤原縄麻呂 ふじわらの-ただまろ

729-780* 奈良時代の公卿(くぎょう)。
天平(てんぴょう)元年生まれ。南家藤原豊成の4男。母は藤原房前(ふささき)の娘。参議兼民部卿となり,神護景雲(じんごけいうん)2年(768)従三位。藤原永手(ながて)らと光仁(こうにん)天皇を擁立し,宝亀(ほうき)2年中納言にすすむ。中衛大将,勅旨卿などを兼任。宝亀10年12月13日死去。51歳。贈従二位大納言。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

藤原縄麻呂

没年:宝亀10.12.13(780.1.24)
生年:天平1(729)
奈良時代の貴族。藤原豊成と房前の娘の子。豊成の第4子。縄万呂,綱麻呂とも書く。神護景雲2(766)年ごろ(『公卿補任』では天平宝字8年)参議。民部卿,勅旨大輔,近江守,同按察使などを歴任。4年称徳天皇の死去に当たり,左大臣藤原永手らと共に光仁天皇の擁立に動く。宝亀2(771)年に中納言,のち皇太子傅,勅旨卿を兼ねた。10年7月中衛大将兼式部卿藤原百川が死ぬと,廟堂で重きをなしたが,5カ月後死去。従二位大納言を追贈された。

(増渕徹)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

藤原縄麻呂の関連キーワードレオ4世天平倉持孝子秋篠寺天親可汗秋田城イサウリア朝火星均田法送信機

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android