コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤原永手 ふじわらのながて

6件 の用語解説(藤原永手の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

藤原永手
ふじわらのながて

[生]和銅7(714).奈良
[没]宝亀2(771).2.22. 奈良
奈良時代後期の廷臣。藤原北家の祖房前の子。母は大宰帥美努王の娘牟漏女王天平勝宝6 (754) 年従三位,のち権中納言に任じ,恵美押勝 (藤原仲麻呂 ) の乱中に大納言に進み,道鏡の政権のもとにあっても,右大臣左大臣となり,道鏡排斥の頂点に立ってこれを成功に導いた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ふじわら‐の‐ながて〔ふぢはら‐〕【藤原永手】

[714~771]奈良時代の公卿。房前(ふささき)の子。称徳天皇が没すると、藤原百川(ももかわ)らとはかって光仁天皇を擁立し、道鏡を追放した。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤原永手 ふじわらの-ながて

714-771 奈良時代の公卿(くぎょう)。
和銅7年生まれ。北家藤原房前(ふささき)の次男。母は牟漏(むろの)女王。天平勝宝(てんぴょうしょうほう)8年(756)権(ごんの)中納言となり,道鏡政権下で左大臣にすすむ。称徳天皇が没すると道鏡を排除し,光仁(こうにん)天皇を擁立。功により正一位となった。宝亀(ほうき)2年2月22日死去。58歳。贈太政大臣。長岡大臣とよばれる。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

藤原永手

没年:宝亀2.2.22(771.3.12)
生年:和銅7(714)
奈良時代の貴族。藤原房前と美努王の娘牟漏女王の子。房前の第2子。天平9(737)年,父の死後従六位上から従五位下に越階し,藤原北家の代表者として急速に昇進した。天平勝宝8(756)年,参議を経ないで権中納言,翌年中納言に進む。藤原仲麻呂の乱(764)後の道鏡政権下でも昇進し,天平神護2(766)年には左大臣となり廟堂首座の席に就いた。称徳天皇の死後は藤原百川,良継らと行動を共にし,白壁王(のちの光仁天皇)を皇太子として道鏡を排除し,光仁天皇擁立を主導,その功により正一位に叙された。病を得て急死。別名長岡大臣。

(増渕徹)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ふじわらのながて【藤原永手】

714‐771(和銅7‐宝亀2)
奈良中~後期の官人。房前(ふささき)の第2子,母は牟漏女王(県犬養三千代の女),妻は大野仲智。家依(第1子)の父。《尊卑分脈》によると雄依も永手の第3子とある。757年(天平宝字1)中納言となり,皇太子道祖(ふなど)王にかわって塩焼王を推したが失敗し,藤原仲麻呂の推す大炊王が立太子した。しかし恵美押勝の乱中から称徳女帝の治世にかけて,764年9月大納言,766年(天平神護2)1月右大臣,同年10月左大臣と順調に昇進した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

藤原永手
ふじわらのながて
(714―771)

奈良時代の政治家。北家(ほっけ)の祖房前(ふささき)の二男。母は牟漏(むろ)女王。737年(天平9)従(じゅ)五位下に叙せられたのち昇進を重ねた。757年(天平宝字1)に皇太子道祖(ふなど)王が廃されると、右大臣藤原豊成(とよなり)と道祖王の兄塩焼(しおやき)王を推したが実現しなかった。しかし同年中納言(ちゅうなごん)に昇進し、まもなく起こった橘奈良麻呂(たちばなのならまろ)の変の処理に活躍したが764年の藤原仲麻呂の乱のときは仲麻呂打倒に功あり、称徳(しょうとく)朝に重んぜられ左大臣まで昇進。称徳天皇崩御後藤原良継(よしつぐ)、同百川(ももかわ)らと謀って光仁(こうにん)天皇を擁立し、死後太政(だいじょう)大臣を贈られた。『日本霊異記(りょういき)』下巻に、法華寺の幢(はたほこ)を倒さしめ、西大寺の八角の塔を四角にし七層を五層にして悪報を得たとある。[福井俊彦]
『岸俊男著『藤原仲麻呂』(1969・吉川弘文館) ▽横田健一著『道鏡』(1959・吉川弘文館) ▽中川収著『奈良朝政争史』(1979・教育社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の藤原永手の言及

【藤原氏】より

…日本の代表的な貴族。大化改新後の天智朝に中臣氏から出て,奈良時代には朝廷で最も有力な氏となり,平安時代に入るとそのなかの北家(ほくけ)が摂政や関白を独占し歴代天皇の外戚となって,平安時代の中期は藤原時代ともよばれるほどに繁栄した。鎌倉時代からはそれが近衛(このえ)家二条家一条家九条家鷹司(たかつかさ)家の五摂家に分かれたが,以後も近代初頭に至るまで,数多くの支流を含む一族全体が朝廷では圧倒的な地位を維持し続けた。…

※「藤原永手」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

藤原永手の関連キーワード藤原夫人橘三千代藤原魚名藤原楓麻呂藤原鳥養藤原執弓藤原真楯藤原御楯牟漏女王美努王

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone