コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鈴鹿王 すずかおう

4件 の用語解説(鈴鹿王の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鈴鹿王 すずかおう

?-745 奈良時代の公卿(くぎょう)。
天武(てんむ)天皇の孫。高市(たけちの)皇子の第2王子。神亀(じんき)6年兄の長屋王の変に連座したがゆるされ,天平(てんぴょう)3年参議,9年知太政官事(太政大臣に相当)となる。聖武天皇の行幸の際,しばしば恭仁宮(くにのみや)の留守をつとめた。15年従二位。天平17年9月4日死去。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

鈴鹿王

没年:天平17.9.4(745.10.3)
生年:生年不詳
奈良時代の皇親。高市皇子の子で,長屋王の弟。和銅3(710)年無位から従四位下に初めて叙され,神亀3(726)年従四位上に進み,5年ごろ大蔵卿。長屋王の変(729)に連座したが許され,翌年には正四位上に進み,天平3(731)年参議となり,4年には従三位。このような状況からすると,王は兄長屋王と母を異にし,また藤原不比等の4人の子(武智麻呂,房前,宇合,麻呂)とつながりが深かったとも憶測される。9年,猛威をふるった天然痘のため藤原4兄弟が相次いで死没したあとを受け,4人目の知太政官事となった。死去するまでその職にあったが,実権は同じ皇親出身の橘諸兄が握り,その地位も象徴的なものにすぎなかった。15年従二位に昇り,知太政官事兼式部卿従二位で死去。平城京にあった旧宅はのちに称徳天皇陵域に入ったと伝える。

(橋本義則)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

すずかおう【鈴鹿王】

?‐745(天平17)
奈良時代の政治家。高市皇子(天武天皇皇子)の次男。長屋王の弟。710年(和銅3)無位より従四位下に叙せられた。このときに20歳に達したものと仮定すると,690年前後の誕生であろう。兄の長屋王は729年(天平1)の没時に46歳と伝えられるから684年の誕生で,ほぼ計算に合う。726年(神亀3)従四位上,728年ころ大蔵卿,729年兄長屋王の変に座したが,特赦された。730年正四位上,731年参議兼大蔵卿,732年従三位に叙せられた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鈴鹿王
すずかおう
(?―745)

奈良時代の公卿(くぎょう)。高市(たけち)皇子の子。710年(和銅3)従四位下(じゅしいのげ)に昇叙。728年(神亀5)頃大蔵卿(おおくらきょう)。729年(天平1)兄の長屋王(ながやおう)の変に連座したが、勅により赦された。731年諸司の推挙により参議に進み、翌年従三位、737年には知太政官事(ちだいじょうかんじ)となり政界最高の地位に昇った。740~744年の難波(なにわ)、伊勢、紫香楽(しがらき)などへの行幸時に留守を務め、743年従二位。770年(宝亀1)旧宅を称徳天皇の山陵とするにあたり、子の豊野出雲(とよののいずも)らに位が授けられた。[山本幸男]
『野村忠夫著『奈良朝の政治と藤原氏』(1995・吉川弘文館)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の鈴鹿王の言及

【知太政官事】より

…8世紀前半期におかれた令外官。大宝令施行直後の703年(大宝3)に刑部(おさかべ)親王が任ぜられ,以後穂積(ほづみ)親王,舎人(とねり)親王をへて745年(天平17)に鈴鹿(すずか)王が没するまで,断続的に存在した。その職掌また令制官職・位階との相当関係も定かではなく,左右大臣等との関連も明らかではない。…

※「鈴鹿王」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

鈴鹿王の関連キーワード出雲安麻呂鉤取王膳王紀雑物黄文王境部王檜隈女王御名部皇女山形女王山背王

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone