コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤原聖子 ふじわらの せいし

3件 の用語解説(藤原聖子の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤原聖子 ふじわらの-せいし

皇嘉門院(こうかもんいん)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

藤原聖子
ふじわらのせいし

皇嘉門院」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

藤原聖子
ふじわらのせいし
(1122?―1181)

平安末期の女性。皇嘉門院(こうかもんいん)。関白藤原忠通(ただみち)の長女。母は藤原宗通(むねみち)の女(むすめ)宗子。1129年(大治4)入内(じゅだい)して崇徳(すとく)天皇の女御(にょうご)となる。翌年立后。41年(永治1)近衛(このえ)天皇の即位とともに皇太后となり同天皇の准母(じゅんぼ)となる。50年(久安6)院号宣下。保元(ほうげん)の乱(1156)ののち出家、法名清浄恵、のち蓮覚。母宗子の所領を中心に形成された最勝金剛院領を父忠通から譲得。甥(おい)九条良通(くじょうよしみち)を養子としてこれを譲渡したため、これを中核としてのちに九条家領が形成された。[飯田悠紀子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

藤原聖子の関連キーワード皇嘉門院安嘉門院四条皇嘉門皇嘉門院別当永嘉門院新皇嘉門院新朔平門院高階資泰藤原繋子皇嘉門院領

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

藤原聖子の関連情報