コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤原能長 ふじわらの よしなが

2件 の用語解説(藤原能長の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤原能長 ふじわらの-よしなが

1022-1082 平安時代中期-後期の公卿(くぎょう)。
治安(じあん)2年生まれ。藤原頼宗の3男。母は藤原伊周(これちか)の娘。叔父能信(よしのぶ)の養子。長久4年(1043)参議。能信の没後は春宮(とうぐう)大夫の後任をつとめ,正二位,内大臣皇太子傅(ふ)となった。三条内大臣とよばれる。永保2年11月14日死去。61歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

藤原能長

没年:永保2.11.14(1082.12.6)
生年:治安2(1022)
平安中期の公卿。三条内大臣と称される。正二位。右大臣頼宗と内大臣藤原伊周の娘の子。のちに叔父の藤原能信の養子。蔵人頭を経て長久4(1043)年22歳で参議となり,権中納言,権大納言を経て承暦4(1080)年,内大臣に昇進。その邸宅三条第は天喜1(1053)年の一時期,東宮の尊仁親王(のちの後三条天皇)の御所となったことがある。父能信が東宮大夫であったことによる。娘道子は白河天皇の女御(承香殿女御)になった。

(朧谷寿)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

藤原能長の関連キーワード大炊御門信量三条公修藤原公季藤原頼忠正親町三条実継三条公教鷹司兼輔洞院公守洞院実泰源雅通

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone