藤原貞子(1)(読み)ふじわらの ていし

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「藤原貞子(1)」の解説

藤原貞子(1) ふじわらの-ていし

?-864 平安時代前期,仁明(にんみょう)天皇の女御(にょうご)。
南家藤原三守(みもり)の娘。成康親王,親子内親王,平子内親王を生んだ。正三位。貞観(じょうがん)6年8月3日死去。贈従一位。徳望があり,後宮での権勢はならぶ者がなかったという。名は「さだこ」ともよむ。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android