藤原貞子(1)(読み)ふじわらの ていし

  • 藤原貞子(1) ふじわらの-ていし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

?-864 平安時代前期,仁明(にんみょう)天皇の女御(にょうご)。
南家藤原三守(みもり)の娘。成康親王,親子内親王,平子内親王を生んだ。正三位。貞観(じょうがん)6年8月3日死去。贈従一位。徳望があり,後宮での権勢はならぶ者がなかったという。名は「さだこ」ともよむ。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

市中感染

病院内で体内に摂取された微生物によって引き起こされる感染症である「院内感染」と対をなす言葉で、病院外で摂取された微生物によって発症した感染症を指す用語。社会生活をしている健康人に起こる感染症で、多くは...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android