コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

今林准后 いまばやしじゅごう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

今林准后 いまばやしじゅごう

1196-1302 鎌倉時代,西園寺実氏(さねうじ)の妻。
建久7年生まれ。四条隆衡(たかひら)の娘。四条天皇の乳母で,大宮院(後深草天皇,亀山天皇の生母),東二条院(後深草天皇の中宮)を生む。建長6年准三宮(じゅさんぐう)(准后)となり,嵯峨(さが)の今林殿にすんだ。北山准后,常盤井准后ともよばれた。正安(しょうあん)4年10月1日死去。107歳。名は藤原貞子(ていし)。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今林准后の関連キーワード藤原貞子(2)西園寺実氏督局

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android