コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

徳望 トクボウ

デジタル大辞泉の解説

とく‐ぼう〔‐バウ〕【徳望】

徳が高く人々から慕われること。「徳望が高い」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

とくぼう【徳望】

徳が高く人望があること。多くの人からその人格が慕われること。 「 -がある」 「 -が篤い」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

徳望の関連キーワード德・瀆・匿・得・徳・特・督・禿・篤桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す常設仲裁裁判所国際司法裁判所藤原貞子(1)阿倍内麻呂松本文三郎禅譲・放伐聖人君子御歯黒親家事審判呂祖謙参与員周敦頤器量人マビニ徳望家腰結い律師郷庁

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

徳望の関連情報