徳望(読み)とくぼう

精選版 日本国語大辞典「徳望」の解説

とく‐ぼう ‥バウ【徳望】

〘名〙 が高く、人望のあること。多くの人がその人の徳を慕い仰ぐこと。また、その人によせる尊敬や信頼。〔色葉字類抄(1177‐81)〕
※東海一漚集(1375頃)二・仏心大林住南禅江湖疎「皇帝以大林禅師徳最重、擢為住持」 〔晉書‐桓沖伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「徳望」の解説

【徳望】とくぼう(ばう)

人望。名声。〔晋書、桓沖伝〕將相は宜を異にす。自ら以(おも)ふに、謝安(およ)ばずと。故に之れを相(国内治政担当の相)に委し、四方の鎭扞(ちんかん)は以て己のと爲す。

字通「徳」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

敵に塩を送る

《戦国時代、上杉謙信が、敵将武田信玄の領国の甲斐が塩の不足に苦しんでいるのを知り、塩を送らせた故事から》敵の弱みにつけこまず、逆にその苦境から救う。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android