コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤原資業 ふじわらの すけなり

世界大百科事典 第2版の解説

ふじわらのすけなり【藤原資業】

988‐1070(永延2‐延久2)
平安中期の廷臣。父は参議有国,母は典侍橘徳子(一条天皇乳母)。1003年(長保5)文章得業生。以後式部少・大丞,六位蔵人,大内記,右少弁,東宮学士,五位蔵人,左衛門権佐・検非違使,文章博士,左少弁,丹波守,式部大輔,播磨守など内外の要職を歴任,45年(寛徳2)従三位。51年(永承6)出家し法名は素舜。日野法界寺は彼の建立。男実政は後三条・白河朝に重用された。【黒板 伸夫】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の藤原資業の言及

【日野家】より

…藤原氏北家の流れ。右大臣内麻呂の息男真夏から出て,その孫家宗が山城国宇治郡日野の地に法界寺を創建し,家宗の5世の孫藤原資業(すけなり)が法界寺の薬師堂を建立し,それより日野氏を称した。公家としての家格は弁官を経て中・大納言に至る名家で,代々儒道および歌道をもって朝廷に仕えた。…

※「藤原資業」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

藤原資業の関連キーワード日野資業日野家

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android