コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日野資業 ひの すけなり

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

日野資業 ひの-すけなり

988-1070 平安時代中期の公卿(くぎょう),歌人。
永延2年生まれ。藤原有国の7男。母は橘(たちばなの)徳子。文章(もんじょう)博士,式部大輔(しきぶのたいふ)となり,従三位にのぼる。山城(京都府)日野に法界寺薬師堂を建立し,以後日野を家名とした。歌は「後拾遺和歌集」などにはいる。延久2年8/9月24日死去。83歳。通称は日野三位。法名は素舜(そしゅん)。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

日野資業

没年:延久2.8.24(1070.10.1)
生年:正暦1(990)
平安中期の官人。法名は素舜。本姓は藤原氏。藤原有国と典侍従三位橘徳子の子。蔵人ほか京官を歴任したのち播磨,伊予などの地方官を務めた。極官は従三位非参議。和歌,文章道にすぐれ文章博士となり,後一条天皇の侍読を務めた。山城国宇治郡日野(京都市伏見区)を本拠地としたので日野三位の名もある。日野家は右大臣藤原内麻呂の孫家宗が9世紀に日野に居住したことにちなむ家名で,家宗がこの地に開いた法界寺に5代孫の資業が阿弥陀堂薬師堂などを建立し,一族の氏寺とした。

(朧谷寿)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

日野資業の関連キーワード藤原資業県警の捜査費不正支出疑惑大和川熊本県の農業テティスリロングウェ王安石覚助行観成尋

日野資業の関連情報