東宮学士(読み)トウグウガクシ

大辞林 第三版の解説

とうぐうがくし【東宮学士】

律令制で、皇太子に経書を講義する官人。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

とうぐう‐がくし【東宮学士】

〘名〙 (「とうぐうがくじ」とも)
令制で、皇太子に経書を進講する官人。定員二人。従五位下相当の官。東宮の学士
※続日本紀‐天平一三年(741)七月辛亥「正五位下下道朝臣真備為東宮学士
② 明治二年(一八六九)七月に置かれた春宮坊の職員。皇太子に経書を奉説する奏任官。同五年正月春宮坊とともに廃された。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android