コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大内記 ダイナイキ

デジタル大辞泉の解説

だい‐ないき【大内記】

律令制で、内記のうち上位の官職。だいだいき。→内記

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の大内記の言及

【内記】より

…太政官に所属する外記(げき)に対するもので,〈うちのしるすつかさ〉ともいう。大内記・中内記・少内記(定員各2)があり,中務省(なかつかさしよう)に所属し,詔書・勅書の勘造,天皇の動静についての記録,位記(いき)の作成などのことをつかさどる。その相当位は大内記が正六位上,中内記が正七位上,少内記が正八位上であったが,806年(大同1)に中内記を廃止して少内記の相当位を正七位上とし,新たに内記史生(定員4)を置いた。…

※「大内記」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大内記の関連キーワード東坊城和長三善清行藤原資業高階成忠慶滋保胤菅野惟肖興原敏久菅原是善桑原腹赤藤原敦信小野恒柯坂上是則小野美材和気貞臣藤原宗業小野俊生菅原輔昭菅原宣義滋野貞主紀友則

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大内記の関連情報