コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤原雄依 ふじわらの おより

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤原雄依 ふじわらの-おより

?-? 奈良-平安時代前期の官吏。
北家藤原永手(ながて)の子。母は藤原良継(よしつぐ)の娘。天平神護(てんぴょうじんご)3年(767)五位下となる。左京大夫(さきょうのだいぶ),宮内卿(くないきょう)をへて,延暦(えんりゃく)4年大蔵卿,正四位下にすすむ。同年藤原種継(たねつぐ)暗殺事件により隠岐(おき)(島根県)に流された。24年ゆるされ,翌年(806)従四位上に復された。名は小依ともかく。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

藤原雄依の関連キーワード官吏

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android