コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤原雄依 ふじわらの おより

1件 の用語解説(藤原雄依の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤原雄依 ふじわらの-おより

?-? 奈良-平安時代前期の官吏。
北家藤原永手(ながて)の子。母は藤原良継(よしつぐ)の娘。天平神護(てんぴょうじんご)3年(767)従五位下となる。左京大夫(さきょうのだいぶ),宮内卿(くないきょう)をへて,延暦(えんりゃく)4年大蔵卿,正四位下にすすむ。同年藤原種継(たねつぐ)暗殺事件により隠岐(おき)(島根県)に流された。24年ゆるされ,翌年(806)従四位上に復された。名は小依ともかく。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone