コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宮内卿 くないきょう

7件 の用語解説(宮内卿の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

宮内卿
くないきょう

[生]?
[没]元久1(1204).11.10以後
鎌倉時代初期の女流歌人。父は右京権大夫源師光 (もろみつ) ,母は後白河院の女房安芸 (あき) という。歌才を認められて後鳥羽院に女房として出仕,『正治二年第二度百首』 (1200) ,『老若五十首歌合』 (01) ,『千五百番歌合』 (02) ,『春日社歌合』 (04) など院主催の宮廷和歌行事の多くに参加,『千五百番歌合』での秀歌「薄く濃き野辺の緑の若草にあとまで見ゆる雪のむら消え」により,「若草の宮内卿」と呼ばれた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

くない‐きょう〔‐キヤウ〕【宮内×卿】

律令制における宮内省の長官。
明治初期の宮内省の長官。

くない‐きょう【宮内卿】[人名]

[?~1204ころ]鎌倉初期の歌人。源師光(みなもとのもろみつ)の娘。後鳥羽院の女房。「千五百番歌合」に参加した歌から若草の宮内卿とよばれ、歌は新古今集以下の勅撰集に40首余り入集。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

宮内卿 くないきょう

?-? 鎌倉時代の歌人。
源師光(もろみつ)の娘。後鳥羽(ごとば)院につかえ「千五百番歌合(うたあわせ)」などに参加。藤原俊成女(としなりの-むすめ)とともに才をうたわれ,「新古今和歌集」など勅撰(ちょくせん)集に43首はいっている。元久2年(1205)ごろ20歳前後で死去。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版の解説

くないきょう【宮内卿】

宮内省の長官。

くないきょう【宮内卿】

?~1204頃) 鎌倉前期の女流歌人。源師光もろみつの女むすめ。後鳥羽院の女房。俊成女とともに後鳥羽院歌壇の二大女流歌人として活躍。新古今和歌集以下の勅撰集に四三首入集。一〇代で没。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

宮内卿
くないきょう

生没年未詳。鎌倉前期の歌人。1204、05年(元久1、2)ごろ20歳前後(22、23歳とも)で没したか。右京権大夫(ごんのだいぶ)源師光(もろみつ)(法名生蓮(しょうれん))の女(むすめ)、母は後白河院(ごしらかわいん)女房安芸(あき)で、宮内卿は絵師巨勢宗茂(こせむねもち)の外孫にあたる。泰光(やすみつ)、具親(ともちか)の妹。後鳥羽院(ごとばいん)に出仕。歌は『新古今集』に初出。『秋風集』『雲葉集』『閑月集』『夫木抄(ふぼくしょう)』等の私撰(しせん)集に入集する。「正治(しょうじ)二年後鳥羽院第二度百首」(1200)、「千五百番歌合(うたあわせ)」などに参加し、後鳥羽院歌壇で活躍した。俊成卿(しゅんぜいきょう)の女と並び称されたが、歌に身を入れるあまり健康を損ね早逝したと伝える。理知的、観念的な作風は女流にしては特色がある。「うすくこき野べのみどりの若草に跡までみゆる雪のむら消え」。「若草の宮内卿」の異名はこの歌によるという。[糸賀きみ江]
『神尾暢子編著『纂輯後鳥羽院宮内卿歌集稿』(1970・中央図書出版社・王朝叢書)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の宮内卿の言及

【宮中】より

… ところが,明治初年以降の太政官制では,天皇親政の名のもとに,太政大臣,左大臣,右大臣,参議,卿などは,すべて天皇の家臣(朝臣)としての色彩が強く,実際に公家出身者がその職につくことも多かったから,宮廷事務と国政事務との区別は明確でなかった。そして,宮廷事務を担当する宮内卿は,太政大臣のもとで国政担当の卿と同列に扱われていた。また1879年に伊藤博文らは,宮中・府中の別を乱すという理由で,77年より宮内省に設けられた天皇側近の職である侍補等を廃止したり,あるいは参議が宮内卿を兼任しないという原則が主張されたりした。…

※「宮内卿」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

宮内卿の関連キーワード組合せ階乗差分方程式数値積分スターリングの補間公式リーマン幾何学元久三角数仲資王記

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone