コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤原鷹取 ふじわらの たかとり

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤原鷹取 ふじわらの-たかとり

?-784 奈良時代の官吏。
北家藤原魚名(うおな)の子。母は藤原宇合(うまかい)の娘。天応2年(782)中宮大夫(ちゅうぐうのだいぶ)兼侍従,越前守(えちぜんのかみ)のとき,父とともに氷上川継(ひかみの-かわつぐ)事件に連座して石見介(いわみのすけ)に左遷されたが翌年都にもどされた。正四位下,左京大夫。延暦3年5月10日死去。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

藤原鷹取の関連キーワード奈良時代

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android