コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤原 礼子 フジワラ レイコ

1件 の用語解説(藤原 礼子の意味・用語解説を検索)

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説

藤原 礼子
フジワラ レイコ


職業
女優

本名
藤原 麗子

別名
前名=大和 七海路(ヤマト ナミジ)

生年月日
昭和7年 11月1日

出身地
兵庫県 神戸市

経歴
宝塚歌劇団に入り、大和七海路の芸名で舞台に立つ。昭和29年「右門捕物帳・まぼろし変化」で映画初出演。他の出演に映画「怪傑鷹」、舞台「桃太郎記」「眠れる美女」「源氏物語」など。33年退団後、大映京都に入社。「女狐風呂」で本格的に映画デビュー。35年藤原礼子と改名し時代劇や今東光原作の〈悪名〉シリーズに出演。41年井上昭監督の「続・酔いどれ博士」を最後に映画界を去る。俳優の若山富三郎と結婚、一男をもうけたが、のち離婚。

没年月日
平成14年 9月17日 (2002年)

家族
長男=若山 騎一郎(俳優)

出典|日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)
(C) 2010 Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

藤原 礼子の関連キーワード総合年表(ヨーロッパ)総合年表(北・東・東南アジア)日本年号一覧姓名/日本のおもな姓氏季語総合年表(アメリカ)総合年表(西・南アジア)日本名数小辞典日本神話の神々

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

藤原 礼子の関連情報