コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

若山富三郎 わかやまとみさぶろう

知恵蔵miniの解説

若山富三郎

日本の俳優。1929年9月1日、東京都生まれ。本名、奥村勝。弟は俳優の勝新太郎(31~97年)、元妻は女優の藤原礼子(32~2002年)、長男は俳優の若山騎一郎。1954年、新東宝にスカウトされ、55年に若山富三郎の芸名で映画デビュー。56年より映画「人形佐七捕物帖」シリーズ、58年よりテレビ時代劇「銭形平次 捕物控」でそれぞれ主演を務める。59年に東映へ移籍。62年には大映に移って城健三朗と改名したが、66年に東映へ復帰し、芸名を若山富三郎に戻す。68年より主演を務めたヤクザ映画「極道」シリーズなどで人気を博し、70年代には映画「子連れ狼」シリーズでの優れた殺陣で高い評価を受けた。77年、映画「悪魔の手毬唄」「姿三四郎」でブルーリボン助演男優賞を受賞。79年の映画「衝動殺人 息子よ」では、ブルーリボン賞、日本アカデミー賞などで主演男優賞を受賞。89年にはハリウッド映画「ブラックレイン」にも出演した。92年4月2日、急性心不全のため死去。享年62。

(2013-12-2)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

若山富三郎 わかやま-とみさぶろう

1929-1992 昭和後期-平成時代の俳優。
昭和4年9月1日生まれ。長唄師匠杵屋(きねや)勝東治の長男。勝新太郎の兄。昭和29年新東宝にはいり,東映,大映,ついで東映に復帰。「子連れ狼」シリーズなどで人気を得,映画「衝動殺人・息子よ」,テレビドラマ「事件」,舞台「三文オペラ」など幅ひろく活躍した。平成4年4月2日死去。62歳。東京出身。本名は奥村勝(まさる)。芸名は別に城健三朗。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

若山富三郎の関連キーワード子連れ狼 子を貸し腕貸しつかまつる子連れ狼 地獄へ行くぞ!大五郎子連れ狼 死に風に向う乳母車かんばれ!ベアーズ 大旋風子連れ狼 三途の川の乳母車緋牡丹博徒 仁義通します緋牡丹博徒 お命戴きます緋牡丹博徒 鉄火場列伝子連れ狼 親の心子の心緋牡丹博徒 お竜参上緋牡丹博徒 一宿一飯懲役十八年 仮出獄子連れ狼 冥府魔道日本ダービー 勝負博奕打ち 総長賭博桜の森の満開の下博奕打ち総長賭博博徒斬り込み隊暴力団再武装杵屋 勝東治

今日のキーワード

MERY

ファッション情報を中心とした女性向けデジタルメディア。運営元は株式会社MERY。2013年、株式会社ペロリによって創設された。同社が株式会社ディー・エヌ・エーの子会社となった14年以降も運営は継続され...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

若山富三郎の関連情報