コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

若山富三郎 わかやまとみさぶろう

2件 の用語解説(若山富三郎の意味・用語解説を検索)

知恵蔵miniの解説

若山富三郎

日本の俳優。1929年9月1日、東京都生まれ。本名、奥村勝。弟は俳優の勝新太郎(31~97年)、元妻は女優の藤原礼子(32~2002年)、長男は俳優の若山騎一郎。1954年、新東宝にスカウトされ、55年に若山富三郎の芸名で映画デビュー。56年より映画「人形佐七捕物帖」シリーズ、58年よりテレビ時代劇「銭形平次 捕物控」でそれぞれ主演を務める。59年に東映へ移籍。62年には大映に移って城健三朗と改名したが、66年に東映へ復帰し、芸名を若山富三郎に戻す。68年より主演を務めたヤクザ映画「極道」シリーズなどで人気を博し、70年代には映画「子連れ狼」シリーズでの優れた殺陣で高い評価を受けた。77年、映画「悪魔の手毬唄」「姿三四郎」でブルーリボン助演男優賞を受賞。79年の映画「衝動殺人 息子よ」では、ブルーリボン賞日本アカデミー賞などで主演男優賞を受賞。89年にはハリウッド映画「ブラックレイン」にも出演した。92年4月2日、急性心不全のため死去。享年62。

(2013-12-2)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

若山富三郎 わかやま-とみさぶろう

1929-1992 昭和後期-平成時代の俳優。
昭和4年9月1日生まれ。長唄師匠杵屋(きねや)勝東治の長男。勝新太郎の兄。昭和29年新東宝にはいり,東映,大映,ついで東映に復帰。「子連れ狼」シリーズなどで人気を得,映画「衝動殺人・息子よ」,テレビドラマ「事件」,舞台「三文オペラ」など幅ひろく活躍した。平成4年4月2日死去。62歳。東京出身。本名は奥村勝(まさる)。芸名は別に城健三朗。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

若山富三郎の関連キーワード川畑春翠上田星邨夏八木勲坂東三津五郎(10代目)chay坂東三津之助日本茶の日ほのぼの君東京遷都残留孤児・婦人訴訟判決

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

若山富三郎の関連情報