藤本陽一(読み)ふじもと よういち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤本陽一 ふじもと-よういち

1925- 昭和後期-平成時代の物理学者。
大正14年11月27日生まれ。昭和31年東大原子核研究所教授となる。38年早大教授,同大理工学研究所長。西村純らと開発したエマルジョン-チェンバーをもちいて37年ブラジルで10の16乗電子ボルトの宇宙線シャワーを観測した。東京出身。東京帝大卒。著作に「アンデス宇宙線を追う」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

口永良部島

鹿児島県南部,大隅諸島,屋久島の北西約 12kmにある火山島。活火山で,常時観測火山。屋久島町に属する。霧島火山帯に属し,西に番屋ヶ峰(291m),東に最高点の古岳(657m)と新岳(626m)があり...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android