コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤本陽一 ふじもと よういち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤本陽一 ふじもと-よういち

1925- 昭和後期-平成時代の物理学者。
大正14年11月27日生まれ。昭和31年東大原子核研究所教授となる。38年早大教授,同大理工学研究所長。西村純らと開発したエマルジョン-チェンバーをもちいて37年ブラジルで10の16乗電子ボルトの宇宙線シャワーを観測した。東京出身。東京帝大卒。著作に「アンデス宇宙線を追う」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

藤本陽一の関連キーワード島津保次郎清水宏溝口健二衣笠貞之助五所平之助加藤高明内閣エレクトロニクス史(年表)アール・デコ内田吐夢フォード(John Ford(1895―1973))

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

藤本陽一の関連情報