藤田宙靖(読み)ふじた ときやす

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤田宙靖 ふじた-ときやす

1940- 昭和後期-平成時代の法学者,最高裁判事。
昭和15年4月6日生まれ。東大助手をへて,昭和41年東北大助教授,52年同教授,平成6年同法学部部長。専門は行政法。行政組織法論の深化,体系化に貢献し,また,ドイツ法との比較をに日本土地法の特色解明。行政改革会議委員,国土審議会委員などをつとめ,14年最高裁判事。在任中,19年の日野君が代」伴奏拒否訴訟では,「君が代」のピアノ伴奏を拒否した教師への処分合憲とした判決に反対意見をのべた。22年最高裁判事を定年退職。25年学士院会員。東京出身。東大卒。著作に「西ドイツの土地法と日本の土地法」「行政組織法」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

感染症指定医療機関

感染症予防法で規定されている感染症の中で、危険性が高く特別な対応が必要な感染症の患者を治療する医療施設。特定感染症指定医療機関(1・2類感染症および新感染症患者)、第一種感染症指定医療機関(1・2類感...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

藤田宙靖の関連情報