藤野 秀夫(読み)フジノ ヒデオ

20世紀日本人名事典の解説

藤野 秀夫
フジノ ヒデオ

昭和期の俳優



生年
明治11(1878)年5月16日

没年
昭和31(1956)年2月11日

出身地
東京市京橋区出雲町

本名
島田 卯平

学歴〔年〕
中学校中退

経歴
明治27年初舞台を踏んで以来いくつかの一座を経て、大正6年日活向島撮影所入社。「白萩」に主演デビュー。温厚な人柄で誰にでも愛される正統派二枚目として多くの作品に主演。新派劇全盛期をつくりだす。11年仲間と共に退社し国活巣鴨撮影所を経て松竹蒲田に入社。川田芳子水谷八重子などの相手役として主演し好評を得る。14年以降は年齢のせいか主演作は少なくなるが、島津保次郎をはじめとする一線級の監督に重用される。昭和4年大幹部に。俳優陣の長老的存在だった。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説

藤野 秀夫
フジノ ヒデオ


職業
俳優

本名
島田 卯平

生年月日
明治11年 5月16日

出身地
東京市 京橋区出雲町(東京都 中央区)

学歴
中学中退

経歴
明治27年初舞台を踏んで以来いくつかの一座を経て、大正6年日活向島撮影所入社。「白萩」に主演デビュー。温厚な人柄で誰にでも愛される正統派二枚目として多くの作品に主演。新派劇全盛期をつくりだす。11年仲間と共に退社し国活巣鴨撮影所を経て松竹蒲田に入社。川田芳子・水谷八重子などの相手役として主演し好評を得る。14年以降は年齢のせいか主演作は少なくなるが、島津保次郎をはじめとする一線級の監督に重用される。昭和4年大幹部に。俳優陣の長老的存在だった。

没年月日
昭和31年 2月11日 (1956年)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報

今日のキーワード

野球の用語

アウトサイド・コーナー outside corner 打者から見て本塁上の遠い側。外角。和製英語ではアウトコーナーともいう。アシスト assist打者が打った球を捕球後にある塁に送球し走者の刺殺を間接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android