白萩(読み)しらはぎ

精選版 日本国語大辞典の解説

しら‐はぎ【白萩】

〘名〙
① マメ科の落葉低木、ニシキハギの園芸品種で古くから各地の庭園などに栽植される。茎は高さ一・五メートルぐらいになり、根元から株立ちする。葉は互生し三小葉からなり長柄がある。小葉は楕円形で長さ二~三センチメートルぐらい。先端はとがらず表面は深緑色で伏した微細毛が生える。八~九月、茎の上部の葉腋(ようえき)から総状の花序を出し、白色の蝶形花を開く。しろばなはぎ。しろはぎ。《季・秋》 〔俳諧・山の井(1648)〕
② 植物「いぬはぎ(犬萩)」の異名。〔日本植物名彙(1884)〕
③ 植物「ぬまとらのを(沼虎尾)」の異名。〔重訂本草綱目啓蒙(1847)〕
④ 植物「こがんぴ(小雁皮)」の異名。〔重訂本草綱目啓蒙(1847)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

白萩 (シラハギ)

植物。マメ科の多年草イヌハギの別称

白萩 (シラハギ)

学名:Lespedeza japonica
植物。マメ科の落葉低木

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android