藤野恒三郎(読み)ふじの つねさぶろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤野恒三郎 ふじの-つねさぶろう

1907-1992 昭和-平成時代の細菌学者。
明治40年1月28日生まれ。阪大教授,同大微生物病研究所長。のち神戸学院大教授。昭和25年腸炎ビブリオを発見。適塾を主とした近代医学史の研究でも知られる。平成4年8月15日死去。85歳。福井県出身。大阪医大(現阪大)卒。著作に「日本近代医学の歩み」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android