コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藩翰 ハンカン

大辞林 第三版の解説

はんかん【藩翰】

〔「藩」はかきね、「翰」は柱の意〕
帝室の守りとなるもの。一地方を治めて王国のささえとなるもの。藩屛はんぺい

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

藩翰の関連キーワード小笠原貞頼藩屏・藩屛牧野古白男谷燕斎板倉重宗松平忠輝瀬名貞雄新井白石森川重俊松平直政松平定勝本多正純松平定綱藩翰譜ささえ帝室

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android