コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藩翰 ハンカン

大辞林 第三版の解説

はんかん【藩翰】

〔「藩」はかきね、「翰」は柱の意〕
帝室の守りとなるもの。一地方を治めて王国のささえとなるもの。藩屛はんぺい

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

藩翰の関連キーワード小笠原貞頼藩屏・藩屛牧野古白板倉重宗松平忠輝男谷燕斎瀬名貞雄新井白石森川重俊松平定綱松平直政松平定勝本多正純藩翰譜ささえ帝室

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android