蘇北灌漑総渠(読み)そほくかんがいそうきょ(英語表記)Sū běi guàn gài zŏng qú

世界大百科事典 第2版の解説

そほくかんがいそうきょ【蘇北灌漑総渠 Sū běi guàn gài zŏng qú】

中国,江蘇省北部,洪沢湖の東岸高良澗より北東に,淮安(わいあん),阜寧,浜海県等を経て扁担港口で黄海へ達する人工流路。洪沢湖以東の淮河下流域は,上流部の不安定な降水量により,歴史時代を通じてつねに水害・干害をくりかえし,また沿海地区は海潮の進入もあり塩土化に悩まされていた。解放後,黄河の決壊等で荒廃した淮河流域の総合的治水事業がすすめられ,その一環として1951‐52年,この水路が建設された。全長168km,周辺の水田に灌漑用水を供給するだけでなく,洪沢湖より淮河の水を直接排出することで,流域の安定をはかった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の蘇北灌漑総渠の言及

【洪沢湖】より

…最大水深5.5m。淮河(わいが)をはじめ,黄河と長江(揚子江)の中間にある多くの中小河川が注ぎ,三河,高郵湖を経て長江に排水されるが,1952年東岸の洪沢県(高良澗)から黄海に向けて蘇北灌漑総渠が設けられた。湖は洪水の調整や灌漑に機能を果たすほか,養魚,水運にも利用される。…

※「蘇北灌漑総渠」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android