コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黄海 こうかい Huang hai; Yellow Sea

6件 の用語解説(黄海の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

黄海
こうかい
Huang hai; Yellow Sea

太平洋の縁海の一つで,中国大陸と朝鮮半島の間にある内海。東シナ海の北に位置する。水域面積約 46万 6000km2。リヤオトン (遼東) 半島とシャントン (山東) 半島の間にあるポーハイ (渤海) 海峡が,渤海湾と遼東湾を結んでいる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

こう‐かい〔クワウ‐〕【黄海】

中国と朝鮮半島との間の海。北は遼東半島から南は済州島揚子江河口とを結ぶ線までをいい、水深は浅く、黄河の流入によって海水が黄濁している。ホワンハイ

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

黄海【こうかい】

東シナ海・渤海湾に接する海で,長江河口,朝鮮半島南西岸および遼東・山東両半島で囲まれる。朝鮮では〈黄海(フアンヘ)〉または〈西海(ソヘ)〉という。海水は黄河の水によって黄濁している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

こうかい【黄海 Huáng hǎi】

中国,華北地区と朝鮮半島に囲まれた海。中国では三大沿海の一つと称される。山東半島遼東半島をつなぐ線より西は渤海といい,南は長江(揚子江)の河口と済州島を結ぶ線で東海と区切られる。黄河や海河,淮河(わいが)などの排出する泥砂により海面が黄色くみえ,この名がある。面積は約40万km2。水深は済州島の北側の一部が100mに達するほかは,大部分が60~70mの大陸棚を形成している。長江の河口からは海底に三角州が形成されており,先端は済州島付近にまで達する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

こうかい【黄海】

中国大陸東部と朝鮮半島との間の海域。一般に浅く、良好な漁場。黄河の河水で黄濁している。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

黄海
こうかい / ホワンハイ

中国東方にある太平洋の縁海の一つ。北と西は中国本土、東は朝鮮半島に囲まれている。南は東シナ海と接続し、両海の境界は長江(ちょうこう/チャンチヤン)(揚子江(ようすこう/ヤンツーチヤン))河口部北側と韓国の済州島(さいしゅうとう/チェジュド)南西岸を見通した線である。また北西は渤海(ぼっかい/ポーハイ)と連なり、その境界は遼東(りょうとう/リヤオトン)半島南端の老鉄山角(ろうてつざんかく)から渤海海峡上に浮かぶ廟島(びょうとう/ミヤオタオ)群島を経て山東(さんとう/シャントン)半島北端の蓬莱角(ほうらいかく)に達する線である。面積約40万平方キロメートル、平均水深は約44メートルの浅海である。黄河(こうが/ホワンホー)をはじめとする諸河川の運び込む大量の微泥が浮遊し、懸濁しているため海水は黄色を呈する。そのため黄海とよばれ、透明度が低い。また黄海は、山東半島の成山角(せいざんかく)と朝鮮半島の長山串(ちょうざんかん/チャンサンコッ)を結ぶ線で南北の二つの部分に大別されることもあるが、南部は比較的外洋の影響を受けやすく、北部は閉鎖海域としての傾向が強い。浅海なので表面水温は気候変化の影響によって変動しやすく、冬は2℃~8℃、夏は28℃程度である。また黄海の大部分は対馬(つしま)海流が分岐する黄海暖流の影響を受けるが、中国沿岸部は塩分濃度が低く、季節的変化も大きい。北部の比較的深い海底には夏も冷水塊があり、魚類の生態に影響している。主要水産資源としてはフウセイ、キグチ、タチウオ、イカ、タイショウエビなどがあげられ、砂泥質の平坦(へいたん)な海底面なので、底引網の好漁場である。中国、北朝鮮、韓国の漁船のほか、日中漁業協定に基づき日本の漁船も出漁している。中国側の主要漁港としては、大連(だいれん/ターリエン)、威海(いかい/ウェイハイ)、石島(せきとう)、青島(チンタオ)、石臼所(せききゅうしょ/シーチウスオ)(山東省日照市)、連雲港(れんうんこう/リエンユンカン)などがある。また沿岸部では浅海養殖が盛んで、コンブ、ノリなどの海藻やカキ、イガイ、クルマエビなどが養殖される。また潮位差が比較的大きく、製塩も盛んである。黄海は中国、朝鮮、日本を結ぶ海上交通路として古代以来盛んに利用されてきた。現在も沿岸航路が発達し、大連、青島、連雲港、仁川(じんせん/インチョン)など多くの国際貿易港がある。石臼所港は、中国の山東炭と山西東部の石炭の日本などへの積出し港である。[河野通博]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

黄海の関連キーワード朝鮮半島北京温突環海朝鮮烏朝鮮族豊臣秀吉の朝鮮出兵初期の青銅器と朝鮮系無文土器朝鮮系マダラヘビ(斑蛇)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

黄海の関連情報