コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蘇毗 そびSu-pi; Su-p`i

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

蘇毗
そび
Su-pi; Su-p`i

揚子江上流の犁牛河 (金沙江 Bri chu) の西側,鶻莽きょう (こつもうきょう) 以東に位置し,チベットの北部を占めた国。カロシュティ文書に現れるスウピャ Supiyaと同一視される。吐蕃王国の成立後に併合され,軍制区画の「支部第三翼」を構成した。これをチベット語では略して「スムパの翼」 gSum pa'i ruと称したので,「孫波」とも呼ばれたと伝えられる。さらにこれが金沙江より東に住むスムパ族 Sum paと混同された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

蘇毗の関連キーワード建築研究所ルフェーブル・デタープルチンシャー(金沙)江ウィリアム ファレル

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android