蘇湖熟すれば天下足る(読み)そこじゅくすればてんかたる

旺文社世界史事典 三訂版「蘇湖熟すれば天下足る」の解説

蘇湖熟すれば天下足る
そこじゅくすればてんかたる

中国全土の食糧問題が長江下流域の蘇州・湖州の豊凶によって決まることをいった諺
両省とも米作の中心地。出典は不明であるが,代からいわれた。唐末期から宋にかけての江南の発展と,華北に対する経済的優位を物語っている。なお同じ意味で「江浙熟すれば天下足る」ともいい,この場合,江浙は江蘇・浙江両省をさす。また,明代になると米作の中心は長江中流域に移り,「湖広 (ここう) 熟すれば天下足る」といわれた。この場合の湖広は湖南・湖北両省をさす。

出典 旺文社世界史事典 三訂版旺文社世界史事典 三訂版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ワールドカップ

4年ごとに開催されるサッカーの世界選手権。国際サッカー連盟(FIFA(フィファ))が主催し、その加盟協会の代表チームによって争われる。[大住良之]概要FIFA傘下の6地域連盟ごとの「予選大会」と、それ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android