コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蘭科 らんか

大辞林 第三版の解説

らんか【蘭科】

単子葉植物の一科。最も分化の進んだ大きな一群で、熱帯を中心に約700属1万7千~2万5千種がある。着生または地上生の多年草。六花被片のうち、五個がほぼ同形・同色、下側の一個は唇弁といい、大きく発達して、ときに数個の裂片に分かれるなど、特異な形態と色を示す。果実は蒴果。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

蘭科の関連キーワード欄・亂・乱・卵・嵐・攬・欄・濫・爛・藍・蘭・覧・覽単子葉植物渡辺道可橋本宗吉多年草熱帯果実形態地上同色同形唇弁着生一群分化数個下側

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android