コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

単子葉植物 たんしようしょくぶつmonocotyledonae; monocots

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

単子葉植物
たんしようしょくぶつ
monocotyledonae; monocots

子葉植物とともに被子植物を大きく2分する植物群で,種子が発芽する際に1枚の葉 (子葉) を出す (双子葉植物では2枚または2枚以上) 。世界中で約5万種が知られ,その大部分は草本である。単子葉植物と双子葉植物はイギリスの J.レイによって最初に区別された。彼は子葉の数の差異が,葉脈の形,花の構造および維管束の形態の差異と一致することを認めた。花の構造に関しては,現生の単子葉植物では花の各部分が3を基本数とし,双子葉植物では5または4を基本数としていることが一般的に知られている。単子葉植物のおもな特徴は,前述したような子葉の数および花の各部分の基本数のほかに,平行脈をもち,維管束は散在し (散在中心柱) 形成層をもたないので茎が年輪をつくらないなどである。しかし,たとえばユリ科のサルトリイバラ属やウバユリ属,サトイモ科などでは葉脈は網状に発達していて双子葉植物の葉に似ている。また単子葉植物は大部分が草本であるが,ヤシ科,リュウゼツラン科,バショウ科やユリ科のユッカ属,リュウケツジュ属,イネ科のタケ類などでは高木になるのがむしろ普通である。単子葉植物のおもな科にはラン科 Orchidaceae,アヤメ科 Iridaceae,ユリ科 Liliaceae,ヒガンバナ科 Amaryllidaceae,イネ科 Gramineae,カヤツリグサ科 Cyperaceae,サトイモ科 Araceae,ヤシ科 Palmae,パイナップル科 Bromeliaceaeなどがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

たんしよう‐しょくぶつ〔タンシエフ‐〕【単子葉植物】

被子植物の一群。子葉は1枚で、主に草本。ふつう茎には維管束が散在し、形成層がなく、茎や根は二次肥大成長を行わない。根は主にひげ根で、葉には平行脈があり、花の各部分は3またはその倍数が多い。イネユリランなど。単子葉類。→双子葉植物

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

単子葉植物【たんしようしょくぶつ】

被子植物を大きく二つに分けるとき,子葉の2枚ある双子葉植物に対して,子葉の1枚のものをいう。葉脈は互いにほぼ平行で,花を構成する各部分はたいてい3またはその倍数になっており,茎の横断面で見た維管束の配置は不規則であるなどの特徴がある。
→関連項目被子植物レイ

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

栄養・生化学辞典の解説

単子葉植物

 の状態での子葉が1枚である被子植物の群.2枚である双子葉植物に対していう.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

たんしようしょくぶつ【単子葉植物 Monocotyledoneae】

双子葉植物と並ぶ被子植物の二大区分の一つで,分類階級としては,ふつう綱のランクとされ,ユリ綱Liliopsidaとよばれることもある。子葉は1枚で胚軸に頂生し,幼芽は側生することで双子葉植物と異なる。発芽に際して,幼芽は子葉の筒状部を破って横に出る。幼根は発達せず,やがて不定根を出してひげ根となる。茎は不斉中心柱をもち,維管束は外木包囲型,またはそれへの明らかな傾向をもつ。ほとんどのものは形成層がなくて二次生長をせず,草本性であるが,ヤシ科やタコノキ科のように,茎は多年生で木本状にみえるものもある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

たんしようしょくぶつ【単子葉植物】

被子植物の一綱。子葉が一枚の場合が多く、茎は髄をもち、不斉中心柱で、通常形成層を欠き、花の各部分は三の倍数からなる。葉は普通細長く平行脈をもつ。ユリ・ラン・イネ・カヤツリグサ・サトイモ・ヤシなど。単子葉類。 → 双子葉植物

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

単子葉植物
たんしようしょくぶつ

被子植物のうち、子葉の数が1個のものをいい、双子葉植物に対する分類群。単子葉植物のほとんどは草本性である。葉は葉柄と葉身に分化しないものが多いが、大形で葉身と葉柄の分化するものなどもあり、形態的には多様である。一次脈は平行脈、二次脈も双子葉植物のような網目状にならない。茎は不斉中心柱で、維管束形成層がない。ユリ目の一部以外には、茎や根の二次肥大成長はみられない。根は幼植物の時代に枯死し、主根は発達せず、かわりに不定根が発達してひげ根を生じる。花は三数性が基本型である。1個の子葉が頂生すると、そのわきに幼芽が側生する。単子葉植物は系統分類上ではまとまった植物群であり、離生心皮で水草化したオモダカ目を中心とする群、肉穂(にくすい)花序をもつサトイモ目、ヤシ目などを中心とする群、ユリ目から分化した多様性のある群の三群に分類できる。[杉山明子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の単子葉植物の言及

【被子植物】より

裸子植物とならぶ種子植物の二大区分の一つで,分類上,ふつう亜門とされるが,有花植物Anthophyta,またはモクレン植物Magnoliophytaとよばれて,門にされることもある。もっとも進化した植物群で,現在,双子葉植物単子葉植物に二大別され,約22万種が知られている。
[被子植物の多様性]
 被子植物は驚くほど多様性を示し,大きさでみてもミジンコウキクサのように1mmにみたないものから,ユーカリノキ属のように百数十mに達するものまで,これだけ違いのある生物群はほかにない。…

※「単子葉植物」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

単子葉植物の関連キーワードミジンコウキクサ(微塵粉浮草)アルストロメリアカンガルーポーヤシ(椰子)ヤマノイモ科オキサロ酢酸蚊帳吊草科ジュシュータコノキ蚊帳吊草彼岸花科山の芋科アイリス同花被花前出葉田代芋百合科網状脈菖蒲科外種皮