虎嘯けば風生ず(読み)とらうそぶけばかぜしょうず

故事成語を知る辞典「虎嘯けば風生ず」の解説

虎嘯けば風生ず

時勢の変化に乗じて、英雄が活発に活動を始めることのたとえ。

[由来] 「北史―張定和伝・」の一節から。「嘯きて風生じ、のぼりて起こる。英雄の奮発も、た各々時に因る(虎が吠えるときには風が吹き、竜が飛び立つときには雲が湧き出る。英雄の出現も、風や雲のような時勢があって可能になるのだ)」とあります。

出典 故事成語を知る辞典故事成語を知る辞典について 情報

今日のキーワード

地対地ミサイル

〘名〙 (surface-to-surface missile の訳語) 地上または艦上から、地上または海上の目標に対して発射されるミサイル。大陸間弾道弾(ICBM)、中距離弾道弾(MRBM)など。S...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android