コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北史 ほくしBei-shi; Pei-shih

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

北史
ほくし
Bei-shi; Pei-shih

中国,北朝 (→南北朝) の魏,北斉北周,隋の4王朝の正史。 100巻。唐の李延寿撰。顕慶4 (659) 年完成。その別著の『南史』と対応する。記事は『魏書』『斉書』『周書』『隋書』の要約主体とし,また他史料による補記を含む。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ほくし【北史】

中国の二十四史の一。唐の李延寿撰。659年成立。北朝の歴史を一つにまとめたもので、公正・詳密な記述で史料的価値が高い。本紀12巻、列伝88巻の全100巻。→南史

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ほくし【北史】

中国、二十四史の一。北朝(北魏ほくぎ・北斉・北周・隋)の歴史を記す。一〇〇巻。唐の李延寿撰。659年完成。本紀一二巻、列伝八八巻。 → 南史

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

北史の関連キーワード二十二史箚記一家を機杼す軌を一にする二十二史考異破竹の勢い十七史商榷古田 良一吉岡 昭彦南北朝時代秋田城介大野東人古田良一一騎当千二十一史款を通ず清原家衡清原武則清原武衡紀伝体顔之推

今日のキーワード

フィンテック

IT(情報技術)を駆使した金融サービスの創出のこと。「金融(Financial)」と「技術(Technology)」を組み合わせた米国発の造語で、2008年のリーマンショック以降発展したとされている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

北史の関連情報