コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

虎屋喜太夫 とらや きだゆう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

虎屋喜太夫 とらや-きだゆう

?-? 江戸時代前期の浄瑠璃(じょうるり)太夫。
江戸の虎屋源太夫の弟子。のち京都におもむき,四条河原で操り芝居を興行。明暦4年(1658)上総少掾(かずさのしょうじょう)を受領正本に「公平法門諍(きんぴらほうもんあらそい)」などがある。通称は次郎兵衛

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典内の虎屋喜太夫の言及

【浄瑠璃】より

…浄雲系で伊勢出身の宮内(伊勢島宮内)が寛永末に上京し,四条河原で興行する(語り物に《石橋山七きおち》ほか)。競っていた左内,宮内が没した後に,すでに江戸から上京していた虎屋喜太夫が台頭し硬派の浄瑠璃を語り,58年(万治1)に上総少掾を受領,天下一上総と称した。語り物には《大友のまとり》ほかがあるが,京,大坂に多くの影響を与えた。…

※「虎屋喜太夫」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

虎屋喜太夫の関連キーワード虎屋上総少掾浄瑠璃

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android