コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

虎屋源太夫 トラヤゲンダユウ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

虎屋源太夫 とらや-げんだゆう

?-? 江戸時代前期の浄瑠璃(じょうるり)太夫。
薩摩浄雲(さつま-じょううん)の門人。延宝6年(1678)江戸城にまねかれ将軍の前で演じている。「四天王頼光勇力諍(あらそい)」など金平(きんぴら)風の武勇物が得意だった。大源太夫といわれ,また大坂の座本虎屋源太夫に対し,江戸虎屋源太夫ともいう。門人に虎屋永閑など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

虎屋源太夫

生年:生没年不詳
江戸前期の古浄瑠璃の太夫。虎屋系統の祖。薩摩浄雲(初名虎屋次郎右衛門)の門人。寛永(1624~44)末~元禄2(1689)年ごろ活躍。江戸堺町で操り芝居を興行し,金平風の武勇ものを得意としたという。江戸の太夫だが同名の太夫が大坂にいたので,江戸虎屋源太夫ともいう。大源太夫といわれ,門弟が多くあり,伊勢島宮内もそのひとり。延宝6(1678)年には将軍の上覧を受けている。

(竹内道敬)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

とらやげんだゆう【虎屋源太夫】

江戸前期の浄瑠璃太夫。薩摩浄雲の門弟。初め江戸で興行、寛文(1661~1673)の頃、京に上り、四条河原で人形操座を興した。門人に虎屋喜太夫(上総少掾)・虎屋永閑がいる。生没年未詳。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の虎屋源太夫の言及

【浄瑠璃】より

…この門人広瀬式部の式部節は貞享・元禄(1684‐1704)ころ江戸に流行したが,式部は市村座に出演して歌舞伎浄瑠璃化し,また酒宴の席などのくだけた浄瑠璃を語って座敷浄瑠璃化した。浄雲の弟子の虎屋源太夫の門からは虎屋永閑(永閑節)が出て,元禄ころまで金平風を語った。この門人には虎屋喜元,虎屋寿徳などがあったが,寿徳は歌舞伎に出演した。…

※「虎屋源太夫」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

虎屋源太夫の関連キーワード伊勢島宮内(初代)虎屋上総掾井上播磨掾人形浄瑠璃浄瑠璃太夫虎屋喜太夫四条河原伊勢島節永閑節上総寛文

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android