虫出雷(読み)むしだしかみなり

精選版 日本国語大辞典の解説

むしだし‐かみなり【虫出雷】

〘名〙 (啓蟄(けいちつ)の頃によく鳴るところから) 春の初雷(はつかみなり)。立春後初めて鳴る雷。虫出しの雷。虫出し。《季・春》
※浮世草子・本朝二十不孝(1686)三「二月九日虫出(ムシダ)し神鳴(カミナリ)ひびき渡り」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

日米安全保障条約

1951年9月8日に対日講和条約と同時に署名された「日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約」Security Treaty between Japan and the United States ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android