コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神鳴 カミナリ

3件 の用語解説(神鳴の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かみなり【神鳴】

狂言。和泉(いずみ)流では「雷」。広野に落ちて腰を打った雷が、通りかかった医者に針療治してもらい、治療代のかわりとして、五穀のためによい天候を保つことを約束して、天上に帰る。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

かみなり【神鳴】

狂言の曲名。鬼狂言。都の藪医者が東国へ下る途中,広い野に来かかるとにわかに空が曇り,〈ピカリ,ガラガラ〉と言いながら雷が飛び出して,医者の前に倒れる。雷は雲間から落ちて腰を打ったと言い,ひれ伏している医者に治療を命ずる。医者は大きな鍼(はり)を槌(つち)で鬼の腰へ打ち込むと,雷は痛がって騒ぐが,治療を終えると快癒して,さっそく昇天しようとする。医者が治療費を請求すると,雷は持合せがないと言う。かわりに五穀成就の雨を適当に降らせることを約束し,医者の将来を祝福する謡をうたって,昇天する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

神鳴
かみなり

狂言の曲名。鬼狂言。和泉(いずみ)流では「雷」と書く。都落ちし吾妻(あづま)へ下る藪(やぶ)医者の目の前に、神鳴(シテ。武悪(ぶあく)の面を使用)が落ちてくる。雲間を踏み外し、したたかに腰を打った神鳴は、医者と聞いて治療を頼む。藪医者が大きな針を取り出し、木槌(きづち)で「ハッシハッシ」と神鳴の腰に打ち込むと、神鳴は七転八倒して痛がるが、持病の痛風まで治ってしまう。神鳴は治療代がわりに、800年間干魃(かんばつ)も水害もないよう、ほどよく雨を降らせることを約束し、藪医者を典薬頭(てんやくのかみ)にしてやろうと言い残して、ふたたび「ヒッカリヒッカリ、グヮラリグヮラリ」と雷鳴をとどろかして退場。狂言は宗教者のほとんどを笑いの対象としているが、藪医者と自称しているにもかかわらず、医者にはその効用を肯定する。あくまで現実生活に寄り添う狂言の特徴が表れている。[油谷光雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

神鳴の関連情報