コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

虱をひねって当世の務を談ず シラミヲヒネッテトウセイノムヲダンズ

1件 の用語解説(虱をひねって当世の務を談ずの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

虱(しらみ)をひねって当世の務(む)を談ず

《「晋書」王猛載記から》人前を恐れぬ態度で時世や政治を論じる。また、傍若無人に振る舞う。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

虱をひねって当世の務を談ずの関連キーワード王猛獅子吼麻布で気が知れぬ威勢上見ぬ鷲数知れぬ死中に活を求める闘雀人を恐れず半人前始めありて終わりなし

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone